一般社団法人WSSA-JAPANについて

理事長あいさつ

澤田幸男
2014 年の春、韓国で開催された世界大会を見学した折りに一目見て、このスタッキングを是非とも私共スポーツクラブの子ども達に体験させたいと直観しました。又、その世界大会会場にて、WSSA のラリー氏を紹介され人柄を含め運命的なものを感じました。その不思議なご縁にて、2015 年の4 月から私共が、WSSA-JAPANを、引継ぎ今日に至っておりますが、いろいろな手違い等々により、正直マイナスからのスタートでしたゆえ、関わってくれているスタッフ達には、言葉では尽くせない大変な苦労を掛けて来ました。世界54 か国へ普及しているとのことですが、多分20 数年前発祥地のアメリカから第一番目に日本へ紹介されたと推察致しますが、現状の普及其の他は、正直なところ他国からかなりの差をつけられております。

子ども年代からシルバー年代まで全ての年齢層そして、性別等関係無く活用出来且つ、コミュニケーションを図るツールの一つとして、又、俊敏性、集中力等を養うのには、最適なものです。どうか一人でも多くの“ スタッカー” が育ち将来日の丸をつけ毎年開催されるアジア大会そして、世界大会へ参加し、世界中のスタッカーと、交流をして貰いたいと切に願うばかりです。

競技としてタイムを競うだけでは無く子どもから、シルバーまでの3 世代交流の「場創り」にも役立って貰いたいものです。初版の発刊ゆえ、お手に取って頂いた方お一人おひとりからご遠慮無く、ご意見、ご感想又、改善点等を、フィードバックして頂けましたら幸いです。今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

澤田幸男

活動目的

WSSA-JAPAN活動目的

一般社団法人WSSA-JAPANの目的

一般社団法人WSSA-JAPAN はスポーツスタッキングの普及を通して、日本の人々のからだ・こころ・あたまの健康や成長に貢献することを活動の目的としています。

WSSA(世界スポーツスタッキング協会)の役割

ビジョン

世界中にスタックを!

使命

スポーツスタッキングの世界レベルでの標準化、促進に努めます。そして、スポーツスタッキングのルール規定の管理母体としてスポーツスタッキング大会の画一的枠組みを作り、スポーツスタッキング競技大会及び記録の公式認定を行います。

※一般社団法人WSSA-JAPAN は、WSSA(World Sport Stacking Association /世界スポーツスタッキング協会) 公認の日本唯一の組織です。

活動概要

活動概要

スポーツスタッキングの普及に関わる、以下をはじめとする様々な活動を行っています。

  • 公式大会の主催・運営
  • イベントの開催
  • スピードスタックス認定商品の販売
  • 教育機関やその他組織への普及推進
  • 講習会での教育
  • 選手の育成・支援
  • メディアの取材依頼対応
  • 協会会員組織の運営
  • 情報伝達のためのツール制作
  • 協会サイト運営

未来構想

日本においてスポーツスタッキングを普及すべく、次の構想に沿って活動を進めていきます。
2030 年時点で全国の運営組織が完成し、世界大会を日本に誘致することが当面の目標です。

2018 ・普及ツール制作(キャラクター・パンフレット・テキスト・名刺)
・支部の立ち上げ(学童5支部、デイサービス5支部、高齢者支部)
・東京都&都内23区教育委員会への提案推進
2019 ・学校放課後スクール導入
・大学や専門学校への協力依頼
・1月 アジアオープンに向けた準備
・オリンピックに関連付けスポーツ庁に提案推進
・教育面でのエビデンス協力依頼
・世界的に活躍するプレイヤー輩出を目指してプレイヤー育成に注力 
・国際大会における審判の育成
2020 ・11月 アジアオープン開催
・学校テキストに導入
・学童支部確立  5支部(2019) 10支部(2020)
・高齢者支部確立 3支部(2019) 5支部(2020)
2030 ・運営組織完成  
 運営会員 地区ブロック 10地域 全国すべて
 支部ブロック 東京・埼玉・神奈川 各支部
・世界大会開催