スポーツスタッキングついて

スポーツスタッキングとは

スポーツスタッキングは、12 個のプラスチック製のカップを、決められた形に積み上げたり崩したりするスポーツで、そのスピードを競います。1985 年ごろ、アメリカの子どもたちが紙コップをピラミッド型に重ねて遊んでいたことから始まり、現在では世界54 か国で楽しまれています。日本では2005 年ごろから普及し始め、競技人口は約1 万人。一般社団法人WSSA-JAPANが、日本におけるスポーツスタッキングのさらなる普及を推進しています。

スポーツスタッキングは、「からだ」「こころ」「あたま」の能力開発において、日常生活や他のスポーツでは得難い効果を期待できるほか、各個人が自分のレベルに会わせて競技に参加できる点も大きな魅力と言えます。老若男女問わず達成感を味わうことができ、運動に素質がないと感じる人であっても、気軽に挑戦することができます。

世界各地で大会が行われ、毎年4 月に開催される世界大会はもっとも大きな盛り上がりを見せます。日本でも地区大会・全国大会が催され、世界大会へ選手を送り出しています。

そして、学校での体育教育や、地域のレクリエーション、企業のPR イベント等、様々な場面でスポーツスタッキングが取り入れられるようになってきました。

動画でチェック!

 

やり方大会・イベント導入をお考えの方へ協会について