導入をお考えの方へ

レクリエーションとしてのスポーツスタッキング活用

スポーツスタッキングは、「からだ」「こころ」「あたま」の能力開発において、日常生活や他のスポーツでは得難い効果を期待、老若男女問わず、運動に素質がないと感じる人であっても、気軽に挑戦することができます。
日本では2005年ごろから普及し始め、競技人口は年々増え続け、現在は約1万人がスポーツスタッキングに取り組んでいます。
速さを競う大会だけではなく、学校での体育教育や、地域のレクリエーション、企業のPR イベント等、様々な場面でスポーツスタッキングが取り入れられることができ、当協会では導入を支援しています。

高齢者施設への導入

高齢者施設への導入

スポーツスタッキングは身体への大きな負担がなく、ケガの心配が少ないスポーツですので、高齢者施設での導入にぴったりです。左右の手を素早く動かす動作は、左右の両脳を活性化させる効果を期待できます。

教育機関への導入

教育機関への導入

競技であるだけでなく、レクリエーションとしての性質も強いため、小学校などの教育機関に取り入れていただきやすいスポーツです。イベントや親睦会にも向き、小学校低学年ごろの保護者の方には、特に好評です。

企業への導入

企業への導入

誰でも気軽に始められて、夢中になれるスポーツスタッキングは、企業への導入にもおすすめです。福利厚生、社内レクリエーションなどに活用していただくことで、コミュニケーションの円滑化や健康増進にお役立ていただけます。