2018年アジアオープンマレーシア大会

2018年アジアオープンマレーシア大会

スポーツスタッキングの『アジアオープン大会』(アジア諸国11か国参加)が開催されました。

日本代表成績

スタックアウト(cycle競技 代表1名による勝ち残り戦)

ワヴデ選手
アジアチャンピオン(金メダル)

マスターズ(大人部門)

瀬尾選手
333種目:2位(銀メダル)
363種目:2位(銀メダル)
cycle種目:1位(金メダル)

U8ダブルス部門

山本&澤田選手
cycleダブルス:3位(銅メダル)

19+ 363タイムリレー部門

瀬尾・ワヴデ・ハニマン・岩砂選手
3位:(銅メダル)

19+ H-T-H 363部門

瀬尾・ワヴデ・ハニマン・岩砂選手
2位(銀メダル)

19+ H-T-H CYCLE部門

瀬尾・ワヴデ・ハニマン・岩砂選手
3位:(銅メダル)

大会を振り返って

沢山のメダルを獲得することが出来ました。

個人の速さだけに注目されがちですが、日本人らしく団結力でダブルス・リレーと頑張りました。競技を通して小学生年代から、国際経験を積も事が出来るのもスポーツスタッキングの魅力です。

予選&決勝 全ての結果が出ましたらお知らせいたします。

次回の2019年のアジアカップは中国で開催されます。

2018年アジアオープンマレーシア大会の様子

フォローしてね!